未払い残業代 請求ガイド|未払い残業代の請求について知って欲しいこと

残業代基礎知識

『残業代』について

残業代とは、簡潔に説明すると契約した労働時間を越えた場合に発生し、支払われる賃金のことです。

残業は大きく分けて『法内残業』と『法外残業』と呼ばれる種類になります。
法内残業は会社との契約の際に決められた労働時間帯の中で行われる残業のことです。
つまり、法外残業とは契約の際に決められた労働時間外で行われる残業のこととなります。
法内残業に関しては会社ごとにおおよその金額を任意で定めることができます。
それに対し、法外残業では法律によって残業代の計算を行う必要があります。

その残業代が発生、そして請求できる条件ですが、具体的に1日8時間以上の勤務で、尚且つ週40日の残業があった場合です。
労働している以上、賃金を受け取ることはもちろんですが、残業代を貰うことも労働者として当然の権利です。
この残業代の支払いが行われていなければ法的にも違反行為として罪に問われます。

蔓延する残業代の未払い

現代では、依然として残業代の未払い問題が後を絶ちません。
別枠の説明通り、残業代の未払いというのは法的にも違法行為とされています。
昨今の不景気の影響から経営難に陥っている会社が多く、結果的に従業員に対して手当てを出さない残業(いわゆるサービス残業)を強いてしまっている会社、もしくは意図的に残業代を出さない残業を強いている会社があります。
そのような状況で労働を強いられているにも関わらず、会社との軋轢が生じる不安や、周りも同じような状況で労働を強いられてるために言い出せないという躊躇いがあることは事実でしょう。
しかし、残業代を受け取らずに我慢する必要は微塵もありません。
もし未払いの残業代が確認できた場合、弁護士や監督機関に相談するという方法があります。
そして、相談から最終的には未払い残業代の請求、そして取り返すことができますし、実例もあります。
大切なのは、未払い残業代を蔑ろにしないことです。


未払い残業代 請求ガイド
未払い残業代請求 方法
未払い残業代請求 弁護士
未払い残業代請求 裁判
未払い残業代請求 注意点
未払い残業代請求 まとめ