未払い残業代請求 方法|未払い残業代 請求ガイド
未払い残業代 請求ガイド ホーム > 未払い残業代請求 方法

未払い残業代請求 方法

直接的な交渉

未払い残業代の存在が発覚した場合、一番身近な方法としては会社を相手取った直接的な交渉でしょう。
しかし、大抵の人は未払い残業代の存在がわかっていても交渉、請求ができない場合が大半です。
その中で勇気を持って交渉できた場合でも、まともに取り合ってもらえずに未払い残業代問題が解決されない場合がほとんどです。
そういった理由から、弁護士への依頼、そして裁判に進んでいく場合が多いのです。

弁護士

未払い残業代の請求までの段階で会社と交渉したものの進展が見られない場合は弁護士への相談及び依頼がお勧めの手段といえます。
まず、弁護士という法律の専門家に相談するだけでも心理的な不安は軽減される場合がほとんどでしょう。
その後、未払い残業代請求に当たっての助言、今後の見通しが説明されることかと思います。
直接交渉で状況が変わらず弁護士に相談、依頼後はほとんどの確率で未払い残業代請求に向けて大きく動き出すといわれています。
まとめると、弁護士に話を持ちかけることによって安心感を得ることができ、一番の目的である未払い残業代の請求、回収に向けて好転することが望めます。

裁判 審判制度

中には、弁護士に依頼、交渉したにも関わらず状況が変わらない場合もあります。
その場合は、最終手段で裁判という形で未払い残業代請求を行うことになるでしょう。
裁判で未払い請求に関して勝訴という判決を勝ち取った場合、法的権力によって残業代の支払い義務が生じます。

裁判の他、現代では未払い残業代請求の方法として審判という制度も整備されています。
被雇用者が会社を相手取って裁判を起こす場合ですが、未払い残業代請求に精通している弁護士に依頼しなければ被雇用者に有利な判決(勝訴)を勝ち取るのは難しいです。
審判制度とは、残業代の未払い問題、その他補足で説明すると不当な解雇や賃金の不払いといった被雇用者と会社間の問題について、迅速な解決を図るために整備されている制度です。