未払い残業代請求 裁判|未払い残業代 請求ガイド
未払い残業代 請求ガイド ホーム > 未払い残業代請求 裁判

未払い残業代請求 裁判

裁判

未払い残業代の請求に関して、裁判という方法で請求、そして回収する方法もあります。
裁判という手続きにまで発展する事例は決して多くはありませんが、それでも未払い残業代の請求裁判が行われていることは事実です。
未払い残業代請求の際、裁判に発展してしまった場合、会社側は請求された残業代の2倍から3倍程度を支払う事となっています。
弁護士などに相談した費用は、裁判をすることによって返ってくるので、安心して未払い残業代請求の裁判に臨むことができるでしょう。
未払い残業代の請求ですが、強固な証拠があれば未払い残業代請求の裁判の際、高い確率で勝訴という判決を得ることができます。
実際に未払い残業代請求の裁判を起こす場合は、勝訴という判決を得るために用意しなければならない証拠があります。
自力、そして弁護士と共に少しでも多くの証拠を集め、万全の準備をしましょう。

注意点

未払い残業代請求の裁判の際ですが、やはり勝訴という判決を得るための確固たる証拠が必要となります。
特に、タイムカードといったような明確な記載がされているものは証拠として強力といえます。

強力な証拠をすぐに確保できれば良いのですが、なかなか証拠集めが進まない場合ももちろんあります。
業務に関する日報や日誌、会社で出したメールやFAX、書き綴った日記やメモなども証拠としての力自体は発揮されますが、単発だと証拠として力が弱い場合もあります。
その場合、散らばっている証拠を自力で、そして弁護士と共に集め、繋ぎ合わせていきましょう。

すると、結果的に証拠として大きな効力が発揮される可能性も高くなっていきます。