未払い残業代請求 注意点|未払い残業代 請求ガイド
未払い残業代 請求ガイド ホーム > 未払い残業代請求 注意点

未払い残業代請求 注意点

証拠

未払い残業代の請求に関しては、特にタイムカードといった勤務の証拠が記されている確固たる証拠の確保が絶対となります。
これらの証拠が揃えば未払い残業代の請求が進みますが、手元に用意できない場合ですとかなりの苦労を要することになります。

現在の会社で、タイムカードで勤務時間の記録が行われている場合、タイムカードのコピーが必要となってきます。
もしタイムカードといった形で業務時間の記録が行われていない場合は、業務に関する日誌や日報などをつけているのであればそれらをコピーしておきましょう。

それもない場合、残業時間に送られたメール、及びFAXの送信時間を記録しておくと良いでしょう。
場合によっては日記も証拠としての効力を発揮することもあります。
といった風に、残業時間や証拠を何らかの形で把握し、提出できる状態にしておく必要があるのです。

注意点

証拠集めに関してですが、雇用時に交わした契約書、そしてタイムカードといったように勤務時間が的確に記されているものが大きな証拠になります。

しかし、例えばタイムカードの場合ですが確かに証拠としてとても強いものであると説明しました。
誤魔化しのために虚偽の時間で打刻されてしまい、悪い意味で強固な証拠が残ってしまう可能性が想定されます。

そして、未払い残業代の請求期限は遡って2年と設定されており、この2年分を超えると未払い残業代の存在が判明した場合でも請求ができなくなってしまうのです。